5月 30, 2014

幼稚園教諭の概要

園児

幼稚園教諭とは、教育機関である幼稚園において、未就学児童を指導する立場にある教諭のことです。国家試験を受けて、合格しなければ資格を取得することはできません。保育士の資格も取得する場合も見受けられます。

幼稚園教諭として働くためには、専門学校や大学などに通って技能や知識を学ぶ必要があります。もしくは、通信講座で資格を取得することもできますので、詳細を知りたい場合にはインターネットで検索することが重要です。

幼稚園教諭になる方法
幼稚園教諭や保育士になる方法は、大学や短大、併設校で専門コースを履修するほかに、専門学校で学ぶというものがあります。

それは短大や大学、併設校で学ぶことよりも、より専門的で豊かな知識を得ることができたり、実際に現場で働く先生から実践的な指導の下多くの体験をすることができ、就職にも大学や短大は景気の変動を受けて就職率が変動するにもかかわらず、安定していて有利な面があり最近は人気があり、注目されています。

幼稚園教諭のメリット
幼稚園教諭とは学校教育法に基づく幼稚園における教員で、児童福祉法に基づく保育を行う者については「保育士」と言います。

幼稚園教諭のメリットは、免許取得のできる教職課程がある大学や短期大学等で比較的少ない単位を取得すると教諭免許の取得ができるということです。また、幼稚園は子どもの保育が目的ではなく教育を目的としています。一つの取り組みでも指導案を作成し、活動のねらい・導入・内容・展開・まとめなどきちんと計画的に子どもたちに指導していきます。未来ある子どもたちに最初に社会性を教える大切でやりがいのある仕事です。

専門学校のメリット
専門学校には就職に強いというメリットがあります。特定の業種に絞って実用的なスキルを身につけようと勉強をしているために、即戦力になりやすいのです。プロユースの道具などを使って勉強するために、現場で役立つ能力を身につけることができます。

さらに、学校は業界に太いパイプを持っていることがありますから、そういったところから就職が決まる可能性もあります。看護専門学校などなら、卒業者のほぼ全員が資格を取り病院に就職しています。

 

5月 30, 2014

保育士の今後

先生

保育士になるには専門学校を出るだけなので幼稚園教諭より比較的簡単だと言われています。そもそも保育園は、母親が仕事や介護などの理由によって子供を保育できない場合に子供を預かってもらう場所で、幼稚園は小学校に入る前段階の教育をする場所です。

不景気により働く母親が増え、保育園の必要性が求められています。そのため国をあげて保育園の増設を急いでいますが、保育士の数はそれに伴って増えてはいません。そのため、今後多くの就職先がある職業と言えます。

保育士の活用法
保育士の活用法は、幼稚園教諭に比べて勤務場所や勤務形態を選びやすく、ブランクがあっても復帰できる様に支援してくれる自治体も多くあり、4年制大学や短期大学、専門学校に通う他に、独学で試験を受け資格を取得する事で、保育所以外にも、乳児院や児童養護施設、母子生活支援施設、児童厚生施設、心身障害児施設、民間企業等で働く事ができます。

しかし現代問題として取り上げられる待機児童と並行して、全国各地では待遇面等の理由から保育士不足が深刻化しています。そのため需要は高く、他職種に比べると求人数は多いと言えます。

子供達の笑顔に囲まれ、子供の成長を保護者と一緒に喜べるやりがいのある仕事です。せっかくの資格を無駄にしないためにも、単に子供が好きという理由だけではなく、どのような場所でどのように活躍したいのか、待遇面において自身の生活は安定できるのかを事前に明確にすれば、定年後も嘱託社員としての求人もあるので、長く幅広く活用できる資格なのです。

専門学校の概要
学校教育法で規定された、専門過程をおいている専修学校のことを専門学校と呼びます。修業年数が1年以上、年間授業数は800時間以上、教育を受ける人が常に40人以上いることが条件になります。

情報機械、美容などの特別な技術が必要なものや看護医療、保育などの資格が必要な職業に対応した学校が多いです。これらのほかにも様々な種類の学校があります。手に職をつけることが可能なので就職率は高いですが、大学を卒業した人に比べると給料は下がります。

専門学校の注意点
専門学校を選ぶ上での注意点としては、自分の進路や学び方といった希望条件に合った所を選ぶことです。

保育士や幼稚園教諭を目指している場合でも、学校によって教育内容や実習の充実度、学校の雰囲気、就職に関する実績など、様々な特色があるので、事前に様々な学校を比較して最も納得のいく学校を選ぶことが大切です。

また、専門学校の場合、入学してから途中で他の学科やコースに変更するといったことは難しいので、自分の希望する学科やコースについて希望通りかどうかを良く確認しておく必要があります。